省エネガラスコーティングの性能

省エネ窓ガラスコーティング「クリスタルボンド」の性能

クリスタルボンド省エネ窓ガラスコーティングは、ガラスに特殊な皮膜層をつくることで、赤外線や有害な紫外線を効果的にカットしながら、可視光線を十分に通す高機能ガラスコート剤です。

省エネガラスコーティング クリスタルボンド遮熱実験

省エネガラスコーティング クリスタルボンドの特徴

紫外線カット 99%

シミ・ソバカスの原因となる紫外線を99%カットし、敏感なお肌や人体を守ります。 紫外線による家具や、畳、カーテン、衣類などの退色(日焼け)を軽減します。

赤外線カット 90%

赤外線を90%以上カットしますので夏場の冷暖房負担を軽減し、高い省エネ効果を発揮します。

耐久年数 15年以上

表面硬度は6Hでフィルムのようにめくれたりしません。3000時間の照射試験でもほとんど損傷がみられませんでした。

VOC ゼロ 安全性

公害や健康被害を引き起こす原因とされるホルムアルデヒドやキシレン等のVOCは放出致しません。また、ガラスに近い性質で燃焼しないので、火災の際に有毒ガスを発生する心配もありません。

無色透明 デザイン性

可視光線透過率75%と抜群の透明度で、ショールーム・ディスプレイウィンドウ等のデザイン性の高いショップ作りが可能です。

ほとんどのガラスに施工可能

コーティングはガラス面に溶剤を直接塗るものです。フィルム施工が難しい型板ガラスや網入りガラスにも対応しています。

昨今世界的な話題となっているオゾンホールの増加。
その影響で、地表に降り注ぐ有害紫外線量も増加しているといわれています。

クリスタルボンド省エネ窓ガラスコーティングは、窓ガラスに特殊な皮膜層をつくり、紫外線を99%以上カットします。

また、熱さの原因である赤外線を90%以上カットするので夏場の冷房負担を軽減し、省エネに効果的です。特に、西日でお困りの部屋に最適です。

しかも、可視光線透過率は75%以上と極めてクリア。部屋の明るさ・視界を損ないません。

加えて15年以上の耐久性をもち、ガラスの美観を損なうことがありません。

クリスタルボンドの分光特性

クリスタルボンドの分光特性表

製品名 厚み(mm) 可視光(%) 日射(%) 紫外線
透過率(%)
日射熱取得率 遮蔽係数 熱貫率
(W/m2K)
透過率 反射率 吸収率 透過率 反射率 吸収率
クリスタルボンド 6 75.3 7.4 17.3 42.8 5.7 51.5 0.0 0.56 0.64 5.52
クリアフロートガラス 6 88.6 7.9 3.5 77.9 6.9 15.2 59.2 0.82 0.93 5.9

クリスタルボンド塗布による効果

クリスタルボンド省エネ窓ガラスコーティングは耐久性・耐熱性に優れています。
表面硬度は6H(鉛筆硬度テスト:JIS K5400)。

従来のガラスフィルムやコート剤に比べてはるかに硬く、金属片などで故意に傷つけないかぎり、通常の接触・清掃などでは損傷しません。

  • 家具、カーテン等の日焼けはUVだけでなく可視光線も原因となる場合があります。
  • 紫外線吸収剤は有機物であるため、受ける紫外線量により経年劣化を起こします。

省エネガラスコーティング:クリスタルボンド